中央線ラプソディー・TEKI-PAKIを主催してます、いわずみです。次回は4.24(wed)@下北沢DaisyBarにて開催される【TEKI-PAKI vol.2】です!


by boysyoung

中央線ラプソディーvol.11に向けて!フジロッ久(仮)編

ほい!おばんでございます〜!!
昨夜に引き続き今夜はフジロッ久(仮)について書かせてもらいます!(紹介ではなく、いわずみの独白に近いものだと思って見ていただけたら幸いです!)

今回で11回目となるイベントですが、内6回出演というもはや彼らなしでは中央線ラプソディーは語れないし、彼らなしでは正直イベント自体ここまで続けられなかったのでは、と最近になってふと思ったりします。友達だけど彼らが毎回快く出演してくれることで中央線ラプソディーというイベントの存在意義を感じます。恥ずかしながらソコだけです。だからあまり面識のないバンドさんで「イベントに出してくださいよ〜」など言われるとすごく違和感を感じます。友人知人にはよく気にしすぎと励まされますが、漠然としたモヤモヤは抜けず、おそらく僕自身が"僕が見たいイベント"という当初のきっかけを脱していないのか手ぶらで客観視して楽しんでる自分も居るのです。良いんだか悪いんだか。さて脱線しました!すみません!!

銀杏BOYZから繋がって上京する前から存在は知ってたし、ブログも見てた。バンド名のインパクトとセンス、臭ってきそうな文章。僕の環境的に同世代のバンドってのもでかかった。そして初めて見たのはペンペンズを見た日と同じ5年前のUFO CLUB(当時はフジロック(仮)だった)で、それが十代暴動ナイトだったんだけど、司会の長州ちからが「フィッシュマンズの心を持つハードコアバンド!」と紹介してたのを覚えてる。なんて素敵なんだと思った。ライブもむっちゃくちゃなんだけどそれがスゲーかっこよくて。ダイブしてるドラマーも初めて見たし笑。そこから高円寺、下北あたりのライブにはちょこちょこ顔を出してたのかな、もちろんイベントなど始めるずっと前で、話しかけるわけでもなく見てただけで。笑

〜中略〜

そして急に昨年の話!(ようやく)CDが発売しましたね!会う度にまだ出来ないのぉ〜とからかうように聞いてましたが、あれはマジの方です!1番待ち遠しいのは本人らだとわかっていながら聞かずにはいられませんでした。こいつらのCD聴くまで死ねねー!と本気で思ったのは彼らが初めてです笑。2011年、断トツで聴いたアルバムだと思います、出社する時ははたらくおっさんを聴くという決まりごとまで自然と出来上がりました。(西尾久聴くのも朝から染みていいんだよなぁ。)

25日ももちろん楽しみだけど、イベントだけじゃなくてもどこが中心になろうと、ずっと付き合っていけたらいいですね。(〜中略〜の部分はまたの機会でご勘弁を!!)
またね!☆



いわずみ
[PR]
by boysyoung | 2012-02-16 01:20